昭和の森

SPOT

更新日:2017年3月23日
加曽利貝塚 スポット
昭和の森

彼方には太平洋を望む市内最大の総合公園

平成元年には、わが国を代表する公園の一つとして 「日本の都市公園100選」に選定された昭和の森は市内最大規模となる東京ドーム23個分の広大な敷地の一部が県立九十九里自然公園に指定されている自然の宝庫です。公園の西側は標高60mから90mの下総台地に連なり、東側は九十九里平野と下総台地を分ける高低差約50mの崖地に接しています。海抜101mの展望台からは九十九里平野と太平洋の水平線が一望できます。今では大変貴重となったカタクリの自生地やゲンジボタルの生息地が残されて

いることは、昭和の森の自然環境が良好であることの証とも言えます。自然を残しつつ、レクリエーション機能を持たせた敷地内には、16万5,000平方メートルの芝生広場やアスレチックコースなどを配置した冒険広場も整備されています。敷地内の旧千葉市ユースホステルを2014年にリニューアルした「昭和の森フォレ ストビレッジ」は合宿所・キャンプ場・多目的フィールド・カフェなどから成る複合施設です。カフェでは、地元農家などによるランチを日替わりのオーナーが提供しています。

施設名 昭和の森
住所 千葉市緑区土気町22
交通手段 JR外房線土気駅南口より千葉中央バス「あすみが丘ブランニューモール」行きで約5分、「昭和の森西」下車徒歩約5分。または「あすみが丘東4丁目」(ホキ美術館前)下車徒歩約3分
定休日 無休
電話番号 043-294-2884(千葉市緑公園緑地事務所)